株式会社満室計画
9:00-18:00
日曜日、祝祭日、土曜日隔週
2018年08月23日
宅建必勝法!働きながら学ぶブログ

通謀虚偽表示と心裡留保 意思の不存在

 通謀…二人以上のものがぐるになり、示し合わせて事をたくらむこと。共謀。

 当事者が通謀して、真意と異なる意思表示をした場合、通謀虚偽表示と言います。

 

 例えば、借金で土地を手放さなければならないAが、友達Bに架空の売る契約をしました。

この場合、AとBの契約は無効です。取り消しではなく、無効です。

 

 さて、架空の取引で土地を手に入れたBですが、これを第三者のCに売ってしまいました。この場合、Aは契約の無効をCに主張出来るのでしょうか。

 

 この場合、Cが善意ならばAは無効を主張出来ません。

Cは善意ならば、過失があっても登記が無くても有効を主張出来ます。

そもそも架空契約を結ぶAが悪いので、AよりもCを保護します。

 

 なお、詐欺や脅迫と違い、通謀虚偽表示は架空の契約の為、

「契約をしよう!」という意思がありません。意思の不存在です。

意思が不存在の為、通謀虚偽表示に関しては無効です。

 

心裡留保

 

 心裡留保…当事者の一方が、わざと真意と異なる意思表示を行った場合の事。

嘘や冗談の事ですね。

 

 「あの土地を1円で売りますよ!」と冗談で言った場合、その契約は有効なのでしょうか。

 

 この場合、買主が善意無過失ならば契約は有効です。

 

 

 

過去記事一覧

以前の記事の一覧です。

こちらもよろしくお願いします!

 

時効

成年被後見人とは?

Facebookもよろしくお願いします!

Facebookもよろしくお願いします!

こちらです!

この記事を書いた人
スタッフA
賃貸住宅管理会社の経理担当および野球解説担当です! 野球の感想や、物件紹介をさせて頂きます!! 今年こそはDeNAが優勝しますように!
store

会社概要

株式会社満室計画
label

タグ一覧

arrow_upward