株式会社満室計画
9:00-18:00
土曜日、日曜日、祝祭日
2021年08月31日
賃貸経営にまつわる!知っ得情報をご紹介!

お部屋のスイッチ、どのタイプのものを使用していますか?

以前、コンセントプレートについての記事を書きましたが、(所有する賃貸物件のコンセントプレート、古っぽくないですか?)それと同じで、忘れてしまうと意外とお部屋の雰囲気が下がってしまうのが

スイッチ

です。

ご想像つくかと思いますが、スイッチもコンセントプレート同様に、時代に取り残されたタイプのもののままになっているなんてお部屋があるかもしれません。

スイッチひとつ。そのひとつがお部屋の空室状況を左右するかもしれません。

そこで今回は、スイッチに焦点を当てて記事を書いていきたいと思います。

ハイ角、ハイ連用

コンセントの記事でも少し名前の出てきたハイ連用、そして、ハイ角連用どちらも
スイッチにも存在しております。

ですが、Panasonicではスイッチ、プレートともに2009年に生産終了しており、もう新しく手に入れることは困難な品です。

2009年に生産終了しているということは、その最後の年に購入し、取り付けたとすればもう10年以上経過していると言うことになりますが、はたしてスイッチを安全に使用することのできる年数がどのぐらいなのでしょうか?

スイッチは10年経ったら点検をすべきです!

スイッチは使用から10年ほど経過したタイミングで点検することが推奨されています。
つまり、それぐらい使用すると性能に不安が出てきてしまうということですね。

ただ、一概に10年というわけではなく、使用頻度が高い場所のスイッチであれば、さらに消耗は早いですし、同じお部屋でも場所によって消耗の具合は異なります。

そのため、特にハイ角・ハイ連用タイプのスイッチを使用しているのであれば点検・場合によっては交換することをおすすめします。

と言ってもどんなものに取り替えたらよいのでしょうか。

まずはスイッチの仕組みから理解していきましょう。

①片切スイッチ

片切スイッチは、1箇所で電気をオン・オフできるスイッチです。

スイッチを切り替えることで、2本通っているうちの1本の電線が通電しないようになるため、電気が消えるというシステムです。

このオーソドックスなタイプのスイッチ、ほかにも種類がございます。

3路スイッチ

具体例を挙げると、階段の上と下にそれぞれスイッチがあって、どちらのスイッチでも同じ階段の照明をオン・オフできるあれです。

階段が一方の場所でしかオン・オフできなかったら不便ですもんね。

その、便利なスイッチのことを3路スイッチと言います。

このスイッチは1つだけで存在しているわけではないので右と左でどちらがオン・オフという決まりはありません。

さらに、3箇所以上の場所から同じ証明をオン・オフできる4路スイッチというものもあります。

ですが、こちらは相当大きなお部屋でないとそうそう使用する機会はないかもしれませんね。

②パイロットスイッチ

スイッチと言われてパッと想像するものではないかもしれないけど、よくよく考えるとあー!たしかによく見かけるかも!

と思うタイプのものがパイロットスイッチです。

上の写真のタイプのスイッチ、見覚えあるんじゃないでしょうか?

現在ではだんだん普及率が上がってきていますね。

新しく取り付けるとするとこちらのタイプのスイッチのほうがオーソドックスかもしれません。

プレートや枠など、さまざまなパーツを組み合わせて1つのスイッチを作成します。


パイロットスイッチとひかるスイッチとほたるスイッチ

照明がついているときにスイッチについているランプが光るタイプの商品を目にすることは多いのではないでしょうか?

パイロットスイッチとひかるスイッチは、照明がオンになっているときにランプが点灯します。

パイロットスイッチではコスモシリーズ・フルカラーシリーズともに赤色に点灯する仕組みです。

ひかるスイッチではコスモシリーズでは赤色、フルカラーシリーズではオレンジ色に点灯するします。

ほたるスイッチは照明がオフになっているときにランプが点灯する仕組みです。

そして、両者の仕組みをダブルで採用しているパイロット・ほたるスイッチというタイプも存在しております。

スイッチがオンになっているときは赤色、スイッチがオフになっているときは緑色に点灯するため、とても便利ですね。

これらの機能が備わっていると、電気の消し忘れに気付きやすくなるため、入居者さんにとって嬉しい機能ではないでしょうか。

ただ、やはり性能が上がるため、ノーマルのタイプよりもどれもほんの少しお高くはなってしまうようです。

小さなこと、でもそれが結果につながるかもしれません!

スイッチの交換はお手軽かつ比較的お手軽にできる工事です。

ほかの大きな設備等に目がいってしまうかもしれせんが、小さなことを怠らないことで空室を埋めることができるかもしれません。

そう考えるとやるという選択肢、出てきませんか?

このように、案外気付きにくいかもしれないけど空室の原因となっているものってあるんです。

名古屋周辺の物件の空室にお悩みだけど原因がわからない、、、

とお悩みのオーナー様、ぜひ満室計画にご相談ください!

お問い合わせは

0120-999-057

満室計画まで!お気軽にご連絡くださいませ!

Follow me
SNSで満室計画とつながろう!
 
    

この記事を書いた人
伊藤かな子 伊藤かなこ
store

会社概要

株式会社満室計画
arrow_upward