株式会社満室計画
9:00-18:00
日曜日、祝祭日、土曜日隔週
2018年09月19日
宅建必勝法!働きながら学ぶブログ

法令上の制限 開発許可①

 

 今回は「開発行為」についてお伝えします。 

いい加減な乱開発を防ぐために、一定規模以上の造成工事を行うには

知事の許可(開発許可)が必要です。

開発行為とは、どのような物なのでしょうか。

開発行為とは?

 開発行為とは、

①建築物の建築

②特定工作物の建築

以上2点の為に行う土地の区画形質の変更です。

 

 その為、土地の「区画形質の変更」を行わない、単なる建築工事であれば、

開発行為では無いので、許可は不要です。

 また、土地の区画形式を変更しても、①②に該当していなければ、

許可は不要です。

例えば駐車場を作るための土地の区画形質の変更は、

建築物が無いので許可が不要です。

 

 ところで②ですが、特定工作物とはどのような施設の事を指すのでしょうか。

 

 

特定工作物一覧

 

 特定工作物には、第一種特定工作物第二種特定工作物の二種類がございます。

 第一種特定工作物…建築物には当たりませんが、周辺の環境悪化をもたらすおそれのある工作物。

例 危険物貯蔵槽、コンクリートプラント等

第二種特定工作物…建築物には当たりませんが、大規模な工作物です。

例 野球場、ゴルフ場、遊園地等

また、第二種特定工作物は、1ha(10,000㎡)の物を指しますが、ゴルフ場だけは面積を問わず第二種特定工作物になります。 

過去記事一覧

Facebookもよろしくお願いします!

Facebookもよろしくお願いします!

こちらです!

この記事を書いた人
スタッフA
賃貸住宅管理会社の経理担当および野球解説担当です! 野球の感想や、物件紹介をさせて頂きます!! 今年こそはDeNAが優勝しますように!
store

会社概要

株式会社満室計画
label

タグ一覧

arrow_upward