株式会社満室計画
9:00-18:00
土曜日、日曜日、祝祭日
2021年03月12日
賃貸経営にまつわる!知っ得情報をご紹介!

エントランスに一工夫してライバル物件との差別化を図りませんか?

物件の内見といえば、やはりるお部屋の中を見るというイメージを持つかと思います。


もちろんそれは大正解で、お部屋を探しているのだからもちろんお部屋の中を入念にチェックされるかと思います。

ですが、それだけだと思いそれ以外の点で気を抜いてしまってはいませんか?

エントランスに気を抜いてしまうと、大切な入居を逃してしまうかもしれません、、、

お部屋に行くためにまず、エントランスを通過しますよね。

そこで減点、もっと言うとないなと思われてしまったら、とてももったいないです。

今回は、エントランスで周辺のライバル物件と差をつけるための方法をご紹介してまいります。

ゴミやホコリは言語道断!きれいな状態を保ちましょう

賃貸物件の掃除はどうされていますか?

オーナー様ご自身でお掃除をされていたり、お掃除の業者に依頼されていたりかと思います。

もし、定期的なお掃除をしていないのであればそこは要改善ポイントです!

エントランスは毎日入居者さんや宅配業者さんなど多くの方の出入りがありますよね。

そのため、ホコリやゴミなども毎日蓄積されていってしまうのです。

いつ内見希望の方が来ても目立つゴミや汚れのないように最低でも週に1回はお掃除をするとよいでしょう!

また、それだけでなく、年に2回ほどは高圧洗浄などを使用して、普段の掃き掃除などではとり切れない汚れをきれいにすることで、床の色もよみがえり、べたべた感も取り除くことができるのでおすすめです。

まずは、清潔さを大切にしてみましょう!

以下のブログにはさらに詳しいことが書いてあります。

賃貸物件、ちゃんと掃除していますか?清掃をすべき理由や業者に依頼するメリットをご紹介

所有する賃貸物件をより美しく住みやすく!定期清掃はおこなっていますか?

エントランスが明るいと印象もアップ!

暗くてなんだか入りづらいような雰囲気を醸し出しているエントランスと明るくて柔らかい雰囲気を醸し出しているエントランス、どちらがよいですか?

多くの方が明るいエントランスを好むかと思います。

そのため、エントランスの電気はしっかりとつくかどうかをしっかりと定期的に確認をしておくとよいですね。

また、エントランスが明るいと、よいイメージを与えるだけでなく、防犯的な面でもより安心感が増します。

夜にしっかりと電気がついていることで、遅い時間の帰宅時に安心するイメージを与えることができます。

少し明るさが足りないかな?と思うのであれば、照明器具を足すのも一つの手ですね。

それだけでなく、明かりの色でも温かみを与えることもできます。

より温かみを与えたいのであれば、電球色というオレンジがかった色の電球がおすすめです。

明るさが変わるだけで印象もグッとアップします!

観葉植物やお花はエントランスの雰囲気を華やかにする!

現在のエントランスに無機質さを感じてしまうようでしたら、観葉植物お花を飾ることをおすすめします。

統一された色合いのエントランスの中に柔らかな緑華やかなお花があることで、よいアクセントとなりますね。

ただ、本物の植物となるとこまめな水やりや手入れが必要となるため、それを怠ると、植物が枯れてしまいます。

そうなるとかえって悪いイメージをもたらしてしまうので、もしお手入れに自信がないのであれば造花フェイクグリーンがおすすめです。

人工の植物のため、水やりやお手入れなどは必要なく、半永久的にきれいな状態を保てます。

ある程度ホコリなどを取り除く必要はありますが、エントランス清掃の際に同時におこなえばそこまで手間はかかりませんね。

また、日光を浴びせなくても枯れることがないので、自由に置き場所も選択できます。

さらに、本物の植物だと悩みの種になるが寄ってくることもないため、手軽にエントランスを華やかにしたい場合はフェイクグリーンを活用するとよいでしょう。

小さな工夫で差をつけよう

お掃除や照明の増設などは少し費用がかかってきてしまいますが、フェイクグリーンの設置は比較的お手軽に挑戦できるのではないでしょうか。

お部屋の中ばかりではなく、それ以外の部分にもしっかり気を遣うと、ほかの同条件の物件に差をつけることができますね。

弊社は名古屋の管理会社です。

もし、名古屋近辺に賃貸物件を所有されており、エントランスをアップデートしたいとお考えであればぜひ弊社にお問合せくださいませ!

オーナー様の希望に沿ったご提案をさせていただきます。

お問い合わせは

0120-999-057

満室計画まで!ぜひお気軽にお問合せくださいませ。

Follow me
SNSで満室計画とつながろう!
 
    

この記事を書いた人
伊藤かな子 伊藤かなこ
伊藤かな子
store

会社概要

株式会社満室計画
arrow_upward