株式会社満室計画
9:00-18:00
土曜日、日曜日、祝祭日
2020年12月08日
賃貸経営にまつわる!知っ得情報をご紹介!

賃貸オーナーは地震保険に加入するべき?それとも必要ない?

こちらのブログで何度か

火災保険

の大切さについてご紹介してきました。

賃貸物件で加入する火災保険の補償対象は“火災”だけではありません!

火災保険の特約を知って安心・安全の賃貸経営を実現させましょう!


自然災害にはあらがうことはできませんし、いつ起こるかの予測も難しいため、しっかりと備えることが大切です。

しかし、火災保険の基本的なプランではカバーすることができない自然災害もあります。それが、

地震

です。もし、賃貸の地震での被害をカバーしたいとなると特約で地震保険にも加入する必要があるのです。

南海トラフ地震はいつ起きてもおかしくない状況とまで言われていますよね。

ただ、地震保険は火災保険とは異なり、加入の義務はありません。

本当に必要なのでしょうか?

そこで今回は、賃貸物件の地震保険ではどんな状況が補償対象となるのかをご紹介していきます。

この機会に地震保険の必要性について考えてみましょう。

地震には一次災害と二次災害があります

地震の被害はさまざまですが、それらは一次災害と二次災害にわけることができます。

まず、一次災害とは地震が直接の原因となって起こる災害です。

具体的な例を挙げると、建物・家具などの倒壊や、道路の損壊などが挙げられます。

そのため、集合住宅などのお家が倒壊するのは一次災害です。

そのほかにも、土砂崩れなども地震が直接の原因であるため、一次災害に分類されます。

二次災害は地震が直接的な原因となるわけではなく、地震によって引き起こされた一次災害が原因で、連鎖して起きた災害です。

具体的には、津波や火災などがあてはまります。

津波は、まず地震によって断層に上下のずれが起こり、その断層のずれによって海水も上下に動き、大きな波となりながら陸地まで流れてきてしまうのです。

また、火災も地震による二次災害として大きな被害をもたらします。

地震で物が倒壊してしまうのが一次被害です。

ストーブや照明器具が倒れてしまい、そこから何かに燃え移って大きな火災が起きたり、それらの倒壊が原因で電源のコードが損傷し、そこに通電されてしまい、起こる通電火災などが主な地震による火災の原因となっています。

火災と言えば、火災保険です。

では、この地震による火災は火災保険でカバーできるのでしょうか?

地震が原因の火災では火災保険は適用外です

地震被害での火災は集合住宅にも大きな影響をもたらします。

倒壊などはよっぽど大きな地震でない限り頻繁に起こるものではありませんが、地震による火災は小さなことが原因で起きてしまうことも十分考えられますよね。

賃貸物件は火災保険に入っています。そこで、この地震による火事で火災保険の補償が活躍する、、、!

というわけではないのです。

地震が原因で起きた火災は賃貸の火災保険ではカバーされません。

そのため、もし地震保険に加入していない賃貸物件で地震が原因の火災が起きた場合には、火災保険のみでは補償がないのです。

正確な予測ができない地震とそれにより引き起こされる可能性がある火災被害、そう考えるともうこの時点で加入する必要性を強く感じます。

ほかにも地震保険ではさまざまな補償があります

火災保険では地震による火災はカバーされないということはご理解いただけたかと思います。

もう、正直この時点で加入しておくべきかと思うのですが、ほかの地震による被害もしっかりとカバーされます。

・建物の倒壊

大地震によって起きてしまう災害が倒壊ですね。

小さな地震では大規模な倒壊はあまりないですが、規模が大きくなればなるほど、倒壊の確率も上がり、また、その被害も大きくなります。

この地震による倒壊も地震保険によってカバーが可能です。


・津波

地震が原因で引き起こされる津波では、建物が浸水してしまったり、さらに悪いケースだと流されてしまうことも考えられます。

津波に関してはお近くに海などがある物件ですと被害が心配ですよね。

地震保険に加入していれば少し不安は取り除けるかと思います。

地震の被害は膨大だけど本当に補償してもらえるの?

地震は一度で広範囲に建物の倒壊や地震による火災、津波被害などを引き起こします。

そのため、被害額も一度で莫大なものになってしまいます。そのため、もし被害に遭ったときに本当にしっかりと補償してもらえるのかと不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

地震保険は、半官半民での保険であり、民間の保険会社で売り出されてはいますが、政府も共同で運営しているのです。

国自体も責任を持って地震保険を運営しており、再保険の制度をとっているため、もし加入している保険会社自体が支払うことができない状態であっても、しっかりと日本政府から補償されます。

地震は大きな被害をもたらしますが、その際のリスクに備えられており、支払いがされないということはないため、安心です。

火災保険だけではなく地震保険の加入をおすすめします

やはり、火災保険だけでは自然災害による被害をカバーし切ることは難しいのですね。

地震は一度で本当に多くの災害をもたらします。多くの方が不安になるでしょう。

身の回りのことや安否など気に掛けることもたくさんありますよね。そんなときに、しっかりと地震保険に加入していることでひとつ心配事を解消することが可能になります。

地震保険は単独での加入はできないため、火災保険の特約としてセットで加入するものであるため、地震保険に加入したい、地震保険について見直したいというオーナー様は同時に火災保険の内容に関しても見直してみるとよいかもしれません。

賃貸物件で加入する火災保険の補償対象は“火災”だけではありません!

名古屋周辺に賃貸物件をお持ちのオーナー様、
もし、賃貸物件の経営でお悩みやご相談があればぜひ弊社にご相談くださいませ!

賃貸管理や原状回復、退去立ち会い、リフォーム、リノベーション、大規模修繕など何でもご相談ください。

お問い合わせは

0120-999-057

満室計画まで!


ぜひお気軽にご連絡くださいませ。


Follow me
SNSで満室計画とつながろう!
 
    

この記事を書いた人
伊藤かな子 伊藤かなこ
伊藤かな子
store

会社概要

株式会社満室計画
arrow_upward