株式会社満室計画
9:00-18:00
日曜日、祝祭日、土曜日
2018年08月06日
宅建必勝法!働きながら学ぶブログ

所有権の共有

所有権。物に対する全面的な支配権であり、所有者は法令の制限内において

所有物を自由に使用・収益・処分出来ます。

 収益する事も出来るので、レンタルでお金を取る事も可能です!

 

 そして、土地の所有権は法令の制限内において、その土地の上下に及びます。土地の下を使うならば、お金を払わなければなりません。

では、所有している土地ならば無制限に利用しても宜しいのでしょうか?

 

所有権と相隣関係

 所有者は法令の制限内において

所有物を自由に使用・収益・処分出来ます。

 

しかし、所有者が自由に土地を使えば、隣接地所有者との関係で問題が起こるでしょう。

そこで、権利関係を規定し、利用を調整する事も必要になります。

 

1.公道に至るための他の土地の通行権

他の土地に囲まれて公道に通じない土地(袋地)の所有者には、

公道に至るために、その土地を囲んでいる他の土地を通行する権利があります。

 

 もし土地を囲んでる方に「お前は通るな!」と言われてしまうと、

袋地の所有者は家から出ることが出来ませんからね…。

このように権利を認めております。

 ただし、通行に関しては、損害が最も少なくなるようにしなければなりません。

可能ならば、真ん中ではなく橋の方を通りましょう。

 

Facebookもよろしくお願いします!

Facebookもよろしくお願いします!

こちらです!

この記事を書いた人
スタッフ0@
賃貸住宅管理会社の経理担当および野球解説担当です! 野球の感想や、物件紹介をさせて頂きます!! 今年こそはDeNAが優勝しますように!
store

会社概要

株式会社満室計画
label

タグ一覧

arrow_upward