株式会社満室計画
9:00-18:00
日曜日、祝祭日、土曜日隔週
2018年08月02日
宅建必勝法!働きながら学ぶブログ

物権と債権の違いと性質

 

 物権。それは物を直接に支配する排他的な権利です。 

排他的です。つまり、同一のものに物権は2つ以上成立しません。

1つしか成立しないのです。(これを一物一権主義と言います)

 

 では、物権と債権はどう違うのでしょうか?

物権と債権の違い

 

 債権。 それは特定の者に対する一定の行為の請求権です。

例えば、AがBに土地を売る契約を結んだ場合、AはBに土地を渡す債権を発生させます。

 

 そして、AがCにも土地を売る契約を結んだ場合、AはCに土地を渡す債権を発生させます。

 この場合、債権は一定の行為の請求権ですので、BやCは「A!土地を渡せ!」と請求することしか出来ないのです。

また、二重、三重にも売買契約を結ぶことが可能です。物権と違い、排他的ではないのです。

強力な物権

 先程の売買契約は、複数の人間と債権を発生させました。

しかし物権は違います。「土地の所有権」これは物件なので、

排他的で同一内容の物件は2つ以上存在しません。

つまりBかC、どちらか片方しか帰属しません。

 

 当然BとCは「この土地は自分の物だ!」と主張するでしょう。

では、この土地はどちらの所有権に帰属するのでしょうか?

 それは、「対抗要件」を満たしている方が権利を主張出来ます。

 

不動産の対抗要件

 不動産の対抗要件は「登記」です。

BとCが土地の所有権を主張するには、先に登記を取得しなければなりません。

 これは、第三者に認識出来るように外形をつくらせるのが必要だからです。

物権は見えませんが、登記は見えますからね!

Facebookもよろしくお願いします!

Facebookもよろしくお願いします!

こちらです!

この記事を書いた人
スタッフA
賃貸住宅管理会社の経理担当および野球解説担当です! 野球の感想や、物件紹介をさせて頂きます!! 今年こそはDeNAが優勝しますように!
store

会社概要

株式会社満室計画
label

タグ一覧

arrow_upward