株式会社満室計画
9:00-18:00
土曜日、日曜日、祝祭日
2021年07月09日
賃貸経営にまつわる!知っ得情報をご紹介!

所有する物件をDIY可能にすることによってどんなメリット・デメリットがあるの?

DIY

最近よく耳にする言葉ではないでしょうか?

ですが、賃貸物件ではあまりなじみ深いものではないかもしれないです。

と言うのも、賃貸物件では基本的に原状回復が必要なため、DIYで入居者さんが手を施した箇所は、退去時に自己負担で元の状態に戻す必要があるということになってきますよね。

そのため、実際にDIY可能な賃貸物件は多くありません。

では、もし、所有する賃貸物件をDIY可能な物件するのであればどんな点に気を付ければよいのでしょうか。

はたして、DIY可能物件にすることにメリットはあるのでしょうか。

今回はその点について解説していきます。

和室と洋室、どっちが人気なの?それぞれのニーズをご紹介!

DIY可能な賃貸物件は少ない!

不動産ポータルサイトのアットホームでは弊社の位置する名古屋市の物件は計
230,239件ございました。

そこから、DIY可能という条件にチェックを入れてみたところ、

なんと93件まで減りました。(2021年7月9日現在)

これは割合で言うと、0.04%ということになるため、ほぼ、ないと言ってしまってもいいほどの数です。

それぐらいDIY可能賃貸物件は少ないんですね。

ちなみに、東京都23区内でも検索したところ、計199,440件賃貸物件があるなかで、DIY可能な賃貸物件は119件でした。

0.05%です。こちらもほとんどないと言っても過言ではありません。

国土交通省がDIY賃貸借をすすめている!?

実は今、国土交通省はDIY型賃貸借に関するガイドブックや手引きなどを発行しており、DIY型賃貸物件を勧めているのです。

国土交通省 DIY賃貸物件のすすめ

それらにはDIY可能賃貸物件として貸し出す際の注意点やメリットなどが記載されていますので、そこから重要なポイントを書き出していきます。

ポイント②DIY可能な場所を設定する

DIY可能賃貸物件といっても、どこをDIY可能にするのかもしっかりと決めておく必要がありますよね。

たとえば、棚の取り付け壁の色の変更は可能。

だが、大がかりになってくる間取りの変更や、資格が必要となることがある水回りや電気設備の工事は禁止とする。

などのルールを明確にしておきましょう

名古屋周辺の賃貸物件の間取り変更であればぜひ満室計画にご相談くださいませ。

ポイント①費用に関するルールはあらかじめしっかりと決めておく

まだまだDIY賃貸可能物件は少ないため、参考にする事例も少ない状況です。

ですが、そこでルールをうやむやなまま契約をまとめてしまうと、退去時に入居者さんとのトラブルを引き起こすおそれがあります。

そのため、あらかじめしっかりとルールは設定しておく必要がありますね。

具体的にどのようなことを決めておくべきかというと、

・入居中の修繕費用はどちらが負担するのか

・退去時に原状回復をするのか、するのであれは負担はどうするか

などですね。のちのトラブルを避けるためにもあらかじめ明記しておき、同意を得る必要があります。

ポイント③DIYの内容を入居者さんに共有してもらう

実際に入居者さんから工事の内容を聞かなかったため、気付いたときには所有する賃貸物件が想定以上の状態になっていた

ではもう遅いですよね。

そのため、事前にどこをどのように手を加えるのかということを知っておくとよいでしょう。

また、その際には入居者さんと同じ責任を負う立場の連帯保証人の方にも内容を共有しておくと、より良いですね。

ポイント④DIY前の状態を写真などで記録しておく

何がどう変わったのかを把握するためにも、元はどんな状態だったのかを確認できるようにしておく必要があります。

そのため、各箇所それぞれの写真を撮って保存しておくとよいですね。

ポイント⑤工事はできるだけ立ち会う

事前に聞いていた工事と違う形で進んでしまっていたということを避けるためには
工事に立ち会うとよいですね。

そうすることで、もし、なにか異なる点が出てきてしまったときにもすみやかに確認して、
ルールなどを設定しなおすことができます。

もし、それが難しい場合にはDIY後のお写真を入居者さんからもらうなどして、とにかく
お部屋の状況を把握しておくことが大切です。

まだまだ少ないDIY可能物件。もしかしたら需要があるかも?

ポータルサイトにはチェック欄があるのにもかかわらず、まだまだDIY可賃貸能物件は少ないです。

DIY可能賃貸物件にするためには、ルールの設定など必要なことがたくさんありますし、空室改善に絶対に効果があるとも言い切れません。

たくさんお部屋を所有しているオーナー様であればまずは1部屋から、などの始め方をしてみるとよいかもしれませんね。

賃貸物件の空室にお困り。でも原因がわからない。。。

そんなときって大変ですよね。原因を探す必要があります。ぜひ、私どもにそのお手伝いをさせていただきたいです。


弊社は名古屋で賃貸物件の管理・リフォーム・リノベーション・大規模修繕などを承っております。

空室に悩んでいる

室内のイメージを変えたい

和室を洋室に変えたい

間取を変更したい

外壁をきれいにしたい

など何でもご相談くださいませ!

お問い合わせは

0120-999-057

満室計画まで!ぜひお気軽にご相談くださいませ。

原状回復のカギとなる『通常損耗』と『特別損耗』の違いをご紹介!

Follow me
SNSで満室計画とつながろう!
 
    

この記事を書いた人
伊藤かな子 伊藤かなこ
伊藤かな子
store

会社概要

株式会社満室計画
arrow_upward