株式会社満室計画
9:00-18:00
土曜日、日曜日、祝祭日
2021年06月08日
賃貸経営にまつわる!知っ得情報をご紹介!

期限の切れた消火器、どう処理すればいいの?

ほとんどのお家で設置の義務があるのが

消火器です。

この消火器、なるべく使用する機会がない方が嬉しいですが、使用したあとには処分をする必要がありますよね。

もし使用してしまったときはどのように処分をすればよいのでしょうか?

また、ずっと置いてあるイメージのある消火器ですが、使用期限があります。

期限が切れた際にも処分が必要ですよね。

そこで今回は、消火器の処分方法について解説していきます。

そもそも消火器には使用期限があるって知ってますか?

共用部にたたずんでいる消火器、あまり使用する機会がないので知られていないかもしれませんが、実は使用期限があるのです。

現在、消火器には住宅用消火器と、業務用消火器の2種類が存在しております。

この2つは使用期限が違っており、

住宅用消火器の使用期限は約5年

業務用消火器の使用期限は約10年です。

集合住宅の共用部等に設置されている消火器は、業務用消火器のため、10年が使用期限となっています。

それを過ぎると、性能の劣化や故障の可能性が出てきてしまうので、処分して新しいものと取り替えなければいけません。

消火器の容器を見てみると、製造年数や使用期限が記載されているかと思います。

処分するにしても消火器の使用期限なんて知らないよ!という方は一度設置してある消火器を見てみましょう。

おそらく表面のどこかに使用期限が掲載されています。

賃貸物件の義務 消防用設備等点検報告制度を守って安心・安全な物件管理を!

こちらは処分にも大きく関わることですね。

消火器の処分が必要!どうすればいいの?

期限が切れてしまった消火器をそのまま使用すると、実際に火事が起きたときに役に立たないこともあるので、しっかりと取り替える必要があります。

ですが、使用期限が切れた消火器はどう処分をすればよいのでしょうか?

新しいものを購入して、古いものを処分もせずそのままにしていると、いつまで経っても使い物にならない消火器がたまっていくことになってしまいますね。

基本的に消火器はリサイクル商品として持って行ってもらい処分することになります。

そのため、リサイクル専門の業者に連絡を取って、引き取って処分してもう必要があります。

と言っても、すべてのリサイクル店で処分してもらえるというわけではございません。

こちらの消火器リサイクル推進センターHP では、消火器を処分してくれる業者を検索することができます。

その場合、特定窓口 と 指定引取場所 の2つが検索として挙がってくるかと思います。

特定窓口は、消火器の販売代理店のため、基本的に回収処分までしてくれますが、指定引取場所の場合は処分したい消火器を持ち込む必要があります。

販売代理店の場合、期限切れの消火器を処分しつつ、新しいものも購入できるので一石二鳥ですね。

消火器の処分をする際には、勝手に持ち込むのではなく、消火器リサイクル推進センター から検索し、連絡をとってからの方がよいでしょう。


消火器処分の時に気を付けてほしいこと

消火器の処分をする際、気を付けることがあります。

消火器にリサイクルシールが貼られているかどうかです。

もし、はじめからリサイクルシールが貼られていれば特に問題はないのですが、リサイクルシールが貼られていない場合には、特定窓口・指定引取窓口あるいは消火器リサイクル推進センターから購入する必要があります。

消火器リサイクル推進センター 

2009年よりも前に製造されている消火器にはリサイクルシールが貼られていないのでくれぐれも注意しましょう。

気を付けて!処分できない消火器もあります!

そしてこの消火器、すべてが指定の業者や窓口で回収できるというわけではないのです。

●海外製

●エアゾール式

は処分の対象外となっておりますので注意が必要です。

海外製の消火器の場合、販売者に連絡が取れる場合はそちらに問い合わせ、それが難しいようでしたら自治体等にお問い合わせるとよいでしょう。

エアゾール式の場合は自治体のスプレー処分方法と同じように対処すると処分することができます。

消火器の処分はゴミすてじゃだめ!

可燃ゴミや不燃ごみのように、ゴミ置き場に消火器を置いておいても回収されることがありません。

そのため、各業者や窓口に問い合わせて正しく処分する必要があるのですね。

弊社は名古屋の管理会社です。

法律で義務付けられている消防設備点検等も時期ごとに業者へ依頼して実施させていただいております。

名古屋で管理会社をお探しでしたらぜひ弊社にお問合せくださいませ!

お電話番号は

0120-999-057

満室計画まで!

ぜひお気軽にお問合せくださいませ!

賃貸物件の義務 消防用設備等点検報告制度を守って安心・安全な物件管理を!

Follow me
SNSで満室計画とつながろう!
 
    

この記事を書いた人
伊藤かな子 伊藤かなこ
store

会社概要

株式会社満室計画
arrow_upward