株式会社満室計画
9:00-18:00
土曜日、日曜日、祝祭日
2021年06月16日
賃貸経営にまつわる!知っ得情報をご紹介!

連帯保証人と家賃保証会社、それぞれを比較してみるとどんな違いがあるの?

連帯保証人と家賃保証会社、それぞれを比較してみるとどんな違いがあるの?
↑こちらのブログでは、家賃保証会社についての記事や、連帯保証人についての記事を書いてきました。

連帯保証人・家賃保証会社ともに入居者の方が家賃を支払えなかったときに、その分ンの家賃をしっかりと確保し、安定した賃貸経営をしていくうえではとても大切な存在ですよね。

少なからずとも、どちらかは入居条件の必須項目としているオーナー様が多いのではないでしょうか。

この家賃保証会社と連帯保証人、それぞれには少しずつ異なる点や特徴が出てきます。

そこで今回は、連帯保証人と家賃保証会社のちがいについて考えてみましょう。

家賃保証会社について

家賃保証会社に加入してもらうことにより、もしその入居者さんが賃料を滞納してしまった場合には家賃保証会社がその分の賃料を立て替えて、オーナー様に支払うという仕組みです。

そして、そのあとの滞納分の入居者さんへの徴収も基本的には家賃保証会社が行ってくれます。

そのため、オーナー様がなにかしなければいけないということは少ないです。

ですが、もし、加入している家賃保証会社が代位弁済による家賃保証の形をとっている場合には、オーナー様の手続きが必要となります。

代位弁済をおこなうことによって、代わりに家賃保証会社が滞納分の家賃を支払ってくれます。

また、その家賃保証会社が代位弁済をしたときに、その立替え費用を請求することができる

求償権

を家賃保証会社が持つことになり、それ以降の督促などは

入居者さんと代位弁済をした家賃保証会社

との間でのやりとりとなるのです。

もし、口座引き落としの家賃保証会社の場合には、毎月決められた日にしっかりと家賃が振り込まれる仕組みとなっているため代位弁済タイプのものよりも、より楽な制度になっていますね。

ただ、家賃保証会社に加入してもらう際には、加入することによって入居者さんの支払いが増えるということになるので、それを嫌がる人もいるかもしれません。

連帯保証人

連帯保証人の『連帯』は辞書で検索すると

二人以上の者が共同である行為、また結果に対して責任を負う

と記載されています。

つまり、連帯保証人には入居者さんと同じ大きさの責任があるのです。

ということで、

入居者さんの滞納=連帯保証人の滞納

ということになり、入居者さんの支払いが不可能であれば連隊保証人には、その家賃を支払う必要があります。

そのため、入居者さんに何度も家賃の督促をしても何の効果を得られない場合は、連帯保証人さんに入金してもらう必要があるのですね。

これは連帯保証人に限ったことで、実は、保証人の場合はここまで責任は大きくありません。

保証人に入居者さんの滞納分賃料を請求する場合には連帯保証人に請求する際よりも少し手間が必要となってきます。

そのため、家賃保証会社を利用しない場合には保証人ではなく連帯保証人を確保してもらうようにしましょう。

それぞれのちがい

連帯保証人と家賃保証会社、どちらも入居者さんが支払うことができない家賃を代わりに支払うという仕組みに変わりはありません。

ですが、細かいところで異なる点が出てくるのですね。

まず、家賃保証会社に加入している方が確実性が高いです。

具体的に説明しますと、家賃保証会社に加入している場合は、もし入居者さんが支払わなかったとしても、保証会社から絶対に支払われます。

そのため安定を見込めますよね。

ですが、連帯保証人の場合は入居者さんからの支払いがない旨を連帯保証人に伝えて、支払っていただく必要があります。

もし、連帯保証人となかなか連絡がつかなかった場合にはそのことを伝えることすらできません。

また、連帯保証人が支払わない限り、滞納分の賃料は永遠に手元にこないわけです。

そう考えると、家賃保証会社の方が確実性がありますね。

ですが、だからと言って家賃保証会社の方が絶対にいい!というわけではありません。

というのも、家賃保証会社はいつまでも永遠に存在しているとは限らないです。

会社には倒産のリスクがあります。

実際に家賃保証会社の倒産は過去にありました。

もし、家賃保証会社が倒産してしまったら保証人のいない契約ということになります。

その場合、新たに保証会社を探すか、もしくは連帯保証人をつけてもらわなければいけなくなります。

もし、すでに滞納が続いている入居者さんがいた場合、その人の連帯保証人を見つけるのはとても難しいことでしょう。

家賃保証会社を利用する場合にはそのようなリスクも頭にいれておく必要がありますね。

リスクはそれぞれにあります

つまり、どちらがいいとは一概には言えないんですね。

それぞれにメリット・デメリットや懸念点があるので、それらをしっかりと理解しておくことが大切です。

家賃保証会社への加入も必須として、連帯保証人も確保してもらうとより安心かもしれませんね。



弊社は名古屋の賃貸管理会社です。

入居者募集・入居対応・入居後の問い合わせ対応・退去手続き・原状回復などなんでもおまかせくださいませ!

それだけでなく、リフォーム・リノベーション・大規模修繕などにも対応させていただきます。

管理・工事どちらも満室計画にご相談ください!

お問い合わせは

0120-999-057

満室計画まで!

ぜひお気軽にお電話ください。


Follow me
SNSで満室計画とつながろう!
 
    

この記事を書いた人
伊藤かな子 伊藤かなこ
伊藤かな子
store

会社概要

株式会社満室計画
arrow_upward