株式会社満室計画
9:00-18:00
日曜日、祝祭日、土曜日隔週
2018年09月28日
賃貸住宅の税金とときどきお酒の話

賃貸事業にかかる税金を学ぶ②

家屋調査で税金が決まる!?

こんにちは!

先日、お客様のお孫様が家を購入された時の話を聞きました。

私は賃貸に住んでいる為、マイホーム購入の手続きなど詳しくはないのですが、

そのお孫様は家を購入後、「家屋調査のお願い」という葉書が届いたそうです。

来年から課税される固定資産税、都市計画税の税額を決めるために、実際に家屋の調査をしたい、都合の良い日を連絡してくださいというものです。

立会日を決めると当日役所から担当者二人。

先ずは外から建物を見て回り、その後、家の中に入り各部屋の調査されたそうです。

給湯器、サッシ、トイレ、洗面所など、いろいろな個所の寸法を測って確認していたとの事。

固定資産税っていうのは、建物そのものだけでなく、中の設備(洗面所とか)も課税の対象になります。例えば、天井に埋め込むタイプのエアコンだと対象になるようです。

一通りの調査が終わった後、最後に建物の図面を見て何やら確認。そして、最後に固定資産税、都市計画税、特に税額軽減措置などの説明を役人がして終了。

約1時間ぐらいかかるようです。

肝心の税額がいくらになるかは、来年、納税通知書が来るまで不明。

せっかくなので、次回は固定資産税、都市計画税について一緒に勉強しましょう。

■詳細は国税庁のHP⇒コチラ

■他税金に関しては⇒コチラ

store

会社概要

株式会社満室計画
label

タグ一覧

arrow_upward