株式会社満室計画
9:00-18:00
日曜日、祝祭日、土曜日隔週
2018年07月25日
宅建必勝法!働きながら学ぶブログ

宅地建物取引士のみが出来る3つの事とは!?

 

 今回は宅建業法についてお伝えします。

民法に比べると、範囲も狭く理論的に考えることも少ない為、

点数を取りやすい分野です。 

 ここで満点を取れるよう、頑張って勉強しましょう!

 

宅建士の事務

 宅地建物取引士しか出来ない3つの事務がございます。それは

①重要事項の説明

②35条書面へに記名押印

③37条書面への記名押印

 この3つです。

これらは独占業務であり、宅建士のみが行えます!

 

因みにこれらの事務は、専任でない宅建士でも出来ます。

アルバイトやパートの方でもOKですよ!

試験を合格してからやるべきこと

 

 宅建士しか出来ない3つの事務をお伝えしましたが、試験に合格するだけではいけません。

宅建士の交付を受けなければなりません!

 

①試験に合格する

②欠格事由に該当せず、2年以上の実務経験又は国土交通大臣の「登録実務講習」の修了

③知事が指定する講習(法定講習)

 

これらを終えると宅建士証が交付され、3つの事務が行えます! 

宅建士の有効期限

 宅建士の試験合格や宅建士の登録には、有効期限がございません。

合格の取り消しや登録の消除が無い限り、一生有効です。

自分も試験の合格から登録までに4年近く間がありましたが、問題無く登録出来ました!

 

 また、宅建士の有効期限は5年です。更新する場合には知事が指定する講習を受けなければなりません。


 
 

 

Facebookもよろしくお願いします!

Facebookもよろしくお願いします!

こちらです!

この記事を書いた人
スタッフA
賃貸住宅管理会社の経理担当および野球解説担当です! 野球の感想や、物件紹介をさせて頂きます!! 今年こそはDeNAが優勝しますように!
store

会社概要

株式会社満室計画
label

タグ一覧

arrow_upward