株式会社満室計画
9:00-18:00
日曜日、祝祭日、土曜日隔週
2018年11月12日
賃貸住宅の税金とときどきお酒の話

賃貸事業にかかる税金を学ぶ⑨

税金は知らないと怖い

みなさん、こんにちは!

職業柄、日々の仕事の中で、ビルやマンション等を持っている

オーナー様とお話する事が多々あります。

先日、このようなお話をされたオーナー様がいました。

アパートの経費の件で、税務署へ相談に行った時のことです。

アパートを修繕を行い、それが「修繕費」にあたるのか、

それとも、建物の価値を上げた経費として

「減価償却」をするのか判断してもらったそうです。

結果、

昨年度の所得が大幅増

それに対する、所得税と延滞金が加算され非常に困ったとお話されました。

この件で、オーナー様は改めて、「税金」の仕組みを

勉強する必要があることを痛感されたそうです。

私は物件等持ってはいませんが、「税金」について勉強するべきと感じました。

ちなみにネットで調べたところ「不動産投資」が事業規模に達すると

次のような税が課税されたり増えたりします。


① 登録免許税(登記時)②印紙税(契約書・融資書類など)

③ 不動産取得税(登記後5~6か月後)

④ 所得税(家賃収入による増加分) ⑤ 県・市民税

⑥ 事業税(県) ⑦ 国保税 ⑧ 介護保険税

⑨ 固定資産税 ⑩ 都市計画税(場所による)

■詳細は国税庁のHP⇒コチラ

■他税金に関しては⇒コチラ

store

会社概要

株式会社満室計画
label

タグ一覧

arrow_upward