株式会社満室計画
9:00-18:00
日曜日、祝祭日、土曜日
2020年09月16日
賃貸物件管理にまつわる!知っ得情報

賃貸物件のオーナー様が知っておくべき大規模修繕の基礎知識をご紹介!

時が経てば人が年を取るように建物も年を取り、だんだんと老朽化が進んでいきます。

それを仕方のないことだと諦めてしまうことで、だんだんと管理している賃貸物件の空室が増えてしまい、気付けばもう手遅れ、、なんてことになってしまうかもしれません。

そんなことは避けたいですよね。そのためにも、賃貸物件を探している方に魅力を感じてもらうような物件にしていく必要があります。

では、どうしたらいいのでしょうか?長年空室が埋まらず困っているオーナー様におすすめしたいのが

大規模修繕

です。とはいえ、そもそも大規模修繕にはどのくらいお金がかかるの?
具体的に、どれぐらい経ったらおこなうものなの?という疑問がわきますよね。

今回は、そんなオーナー様のお悩みや疑問を解決していきたいと思います。

空室で困っている賃貸物件を少しでも減らして安定した経営が実現できるお手伝いとなったら幸いです。

そもそも大規模修繕って?

そもそも大規模修繕とはいったい何でしょうか?

どんな賃貸物件でも入居・退去のタイミングなどで小さな内装の工事が入ったり、日々小規模なメンテナンスはおこなっているかと思います。

大規模修繕はそうではなく、名前の通り大規模な修繕のため、外壁の塗装やタイルの張り替え・屋根の塗装や防水工事などになります。

ちなみに、修繕という言葉を辞書で引くと、

しゅう‐ぜん〔シウ‐〕【修繕】の解説[名](スル)壊れたり悪くなったりしたところを繕い直すこと。修理。「古い型でもまだ修繕がきく」「屋根を修繕する」
出典:goo辞書

となっております。つまり、外壁や屋根などの経年劣化により弱ってきている部分を元の状態に修復するということになりますね。

賃貸物件を買ったときが0の状態であると例えると、それがだんだんと劣化してマイナスの状態になってしまっており、それを0の状態までも戻すというイメージを持っていただくと、空室を埋めるためにはおこなうべきものだと思いますよね。

大規模修繕で賃貸物件購入時と同じ状態まで引き上げることで、美観的・機能的にも住みたいと思うレベルに変えていくことが大切です。


大規模修繕ってどれぐらい経ったらやるべき?

1つ目の見出しでも少し書きましたが、もっと具体的に大規模修繕の中身について書いていきます。






1.屋根の大規模修繕

屋根は塗装や補修、防水・葺き替え(はきかえ)などの修繕がメインです。

屋根の修繕は平均して10~15年に1回はおこなうことで劣化による大きなトラブルや雨漏りなどを防ぐことができます。

こちらでは、屋根の防水工事について詳細をご紹介しています。

防水工事②

防水工事③







2.外壁の大規模修繕

外壁の修繕は塗装やタイルの張り替え等がございます。
これらは10~18年に1回はおこなうとよいとされています。

外壁塗装の施工事例








3.共用部の大規模修繕

階段や共用部の廊下、エレベーターなどの共用部の修繕も賃貸物件をお探しの方が物件を気に入り、入居につながる大切なポイントですね。

塗装や防水工事をおこなうことで見た目の美しさや機能面でのポイントがグッと高まります。

共用部の塗装や防水も外壁の大規模修繕と同じく10~18年のペースでおこなうとよいとされております。

エレベーターの表装工事事例




大規模修繕は費用がかかる!それでもやるべきです

具体的にどのような部分を修繕していくのかということをお伝えしてきました。

しかし、実際に大規模修繕を実施するとなると気になるのは費用ですよね。

しかし、考えてみてください。その費用を惜しむことによって、賃貸物件の価値が下がってしまい、その結果空室状態が続いてしまいます。
その期間は家賃が入らないのです。

長い目で見ると、大規模修繕をおこなうことで入居率を上げ、また、現在入居している方の物件への不満による退去を防ぐという結果につながり、オーナー様の安定した経営につながるのです。

また、定期的な修繕をおこなわないことにより、


老朽化が進む
 
ほかの定期的な修繕をおこなっている物件に入居者が集中する
 
空室が埋まらず家賃を下げざるを得なくなる
 
修繕費が確保できない
 ・
 ・
 ・

という悪循環にもつながってしまうのです。

定期的な大規模修繕をおこなうためにオーナー様がやるべきこと

外壁や屋根などの大規模修繕を怠ることで、美観面機能的にも低下してしまい、空室が続く・家賃を下げなければいけなくなってしまうというマイナスな結果になってしまいます。

そのためにも、「長期修繕計画」を管理会社や工事会社・建築会社に依頼して、どんな工事が必要になり、費用はどれくらいかかるのかということを把握しておくとよいでしょう。

外壁の大規模修繕などでは足場の組み立てが必要となるため、基本的には一度にまとめておこないます。

もちろん大きな費用がかかってしまいますが、あらかじめ

・どんな修繕が必要になり
・それには費用がいくらかかるのか

を知っておき、毎月の入居者の方からの家賃から費用を積み立てておくことで、賃貸物件の見た目や機能を維持し続けることができ、その結果、安定した入居が見込めるでしょう。

大規模修繕をお考えのオーナー様はぜひ弊社にご相談ください!

この記事を最後まで読んでいただけたオーナー様には賃貸物件の大規模修繕の基礎知識や大切さが伝わりましたでしょうか。

あらかじめ計画を立てておくことで定期的な大規模修繕が実施でき、それにより賃貸物件の価値が維持されて、安定して経営が実現するのです。

大きな費用はかかってしまいますが、結果的には入居率の上昇・家賃水準の維持にもつながるということを考えると定期的な大規模修繕は大切ですね!

弊社では、大規模修繕の御見積・ご提案はを無料で承っております。
賃貸物件の大規模修繕をお考えのオーナー様は

ぜひ一度ご相談ください!

オーナー様のお悩みを解決できるよう全力でご対応させていただきます。

また、弊社では賃貸物件の管理も承っております。
管理会社をお探しのオーナー様はぜひご連絡ください。

満室計画


この記事を書いた人
伊藤かな子 伊藤かなこ
伊藤かな子
store

会社概要

株式会社満室計画
label

タグ一覧

arrow_upward