株式会社満室計画
9:00-18:00
日曜日、祝祭日、土曜日隔週
2020年07月12日
可愛いか可愛くないかは人様の決めることです、でも私は「かわい」です。

ナッツ

ナッツは、

脂肪分が多くカロリーが高いというイメージを持っている人も多いと思います。

しかし、ナッツに含まれるオレイン酸やパルミトレイン酸、

オメガ3脂肪酸などの脂肪は、体に必要な良質な脂肪分です。

この中でも、オメガ3脂肪酸は、体内では作ることができない必須脂肪酸なのです。

 

乾燥肌の予防やアンチエイジングの味方になってくれます。

 

 

ナッツが間食にオススメな理由

1. わたしたちの脳は、

しっかり噛むことで満腹中枢が刺激され満腹感を感じやすくなり

食べ過ぎを防止する働きがあります。

カリッとした食べ応えがあるナッツはしっかり噛むことで

満腹感を感じるだけでなく、脳が活性化し集中力が高まる効果も期待できます。

集中したいとき、集中力がきれたときにナッツを食べてみてはいかがでしょうか。

 

 

2. ナッツはスナック菓子や菓子と違い、

糖質量が少なく食物繊維(特に不溶性食物繊維)が豊富に含まれています。

食物繊維は消化に時間がかかり腹持ちが良いため、

ダイエット中の間食にはぴったり。


またナッツはGI値(食後の血糖値上昇を示す値)が低いため、

肥満を防ぐ効果も期待できます。

 

 

自分の片手手のひら一杯の量

ナッツに含まれる食物繊維の多くは「不溶性食物繊維」。

腸内で便のかさを増やし、ぜん動運動を促すはたらきがあります。

適量であれば便秘の解消に役立つのですが、

不溶性食物繊維ばかりをたくさん摂ってしまうと、

便の水分が吸収されて固くなり、逆に便秘の原因になることも。

また、ナッツのように脂質を多く含む食品を食べすぎると、

胃や腸に負担がかかって消化不良を起こし、

下痢になることもあります。適量を食べることを心がけましょう。

 

よって、適量は、一日手のひら一杯分!

この記事を書いた人
河合広子 カワイヒロコ
河合広子
subdirectory_arrow_right

関連した記事を読む

store

会社概要

株式会社満室計画
label

タグ一覧

arrow_upward