株式会社満室計画
9:00-18:00
日曜日、祝祭日、土曜日
2018年08月01日
名古屋の賃貸住宅の施工事例

フロアタイルのご紹介

今回ご紹介させていただくのは、フロアタイルという床材です。

 

一般的に賃貸物件の工事費用でいうと、クッションフロアが安く、ついでフロアタイル、フローリングという順番で、コストがかかると認識されている大家さんが多いと思います。



しかし、床材の値段は、それぞれのグレードによります。

私のよく使うクッションフロアでは、住宅用は安価ですが店舗用はフロアタイルと同様のコストです。

フローリングも天然素材か複合素材によって値段が変わります。



注意したいポイントとしては、フローリングを張るのは大工工事です。

例えば、床・壁・天井の内装工事だけをしたい場合、床をフローリングにすると木工事+内装工事の業者が入ることになりますので、それぞれに工賃がかかってしまいます。



これを木目のフロアタイルにすれば、見た目は同じフローリング風で、内装工事のみの業者で済みますので、それだけでコストダウンします。

このような工程を減らすだけでコストの削減になるわけです。

張り方も既存の床材の上に張ることが可能なものがほとんどです。

 

今回使用させていただいたフロアタイルはこちら

↑サンゲツさんのWD-752を使用させていただきました。

 

施工事例、材料のご紹介はこちら↓

■お手軽に大変身!キッチンリアテックシート

 

■和室から洋室へ間取り変更

 

■お洒落なアクセントクロス

 

いつでもお気軽にご相談ください。

http://manshitsu.nagoya/

 

 

 

 

 

この記事を書いた人
スタッフ
工事の業務管理を担当しております。丁寧に最高の仕上げに向かって日々邁進しております。
store

会社概要

株式会社満室計画
label

タグ一覧

arrow_upward